本文へスキップ

TEL. 096-285-8688

〒861-8019 熊本県熊本市東区下南部2丁目1-55

熊本県森林組合連合会は、水源の保全、国土の安全、健康な森林環境と良質な木材を国民へ提供しながら健康で安心、豊かな住生活を支えていくことを使命としています。
主な業務は組合指導、保険・金融業務のほかにも、森林調査、林道設計、治山設計、地籍測量、森林評価、森林林業に関する購買品の取扱い、原木や板壁材・土木資材の販売、特殊な現場での伐採業務(特殊伐採)など森林林業に関する業務を行っております。
また、マルチコプターによる静止画や動画の撮影、オルソフォトの作成、DSMデータや地上波レーザーによる資源量解析など新たな技術を活用した森林・林業に取り組んでいます。また、木に引っかかったドローンの回収も行います。

TOPICS

  • 厚生労働省がチェンソー使用の安全規制強化します。
  • 新事務所の起工式をアップいたしました。

NEWS新着情報 

    
2018年6月11日
特殊伐採や林業で使用する牽引具、『Rウィンチ』を使った特殊伐採研修会を
開催しました。
お越しいただいた近代美装様ありがとうございました。また、参加者の皆様多数ご参加いただきありがとうございました。
今月より当連合会にて『Rウィンチ』の販売を行います。
特殊伐採でのリフト作業や林業での伐倒牽引等での使用が可能で、繊維ロープを使うためワイヤーの作業よりも作業性が良好です。
希望の方は事業部 担当原(TEL:096-285-8688)までお問い合わせください。








2018年3月28日
森林組合だより第182号

・新事務所建設決定・新事務所起工式・森林環境税(仮称)の対応・コンプライアンス意識の向上・農林中金CSR・各種研修会の開催・日本伐木チャンピオンシップ審判講習会開催

2018年3月21日
厚生労働省がチェンソー使用の安全規制強化します。内容は、大きく5点
①チェンソーによる伐倒時に受け口を作るべき立木を、胸高直径40以上から20cm以上にする。
②チェンソーによる伐倒時に伐倒木の高さの2倍の範囲を立ち入り禁止とする。
③掛かり木処理の方法として、かかられている木の伐倒や浴びせ倒しを禁止。
④チェンソーによる伐倒等作業時に、防護衣(防護ズボンまたはチャップス)の着用を義務化。
⑤チェンソーによる伐倒等作業に係る教育の充実を図ること。
となっています。
みなさん、チェンソーによる伐倒作業では必ず防護ズボン等を着用しましょう。
2018年1月29日
1月26日に事務所(本会)新築工事に伴う「起工式」を滞りなく終了しました。
神事では健軍神社の神主により工事期間中の安全が祈願されました。
なお、工事期間は平成30年11月23日迄です。
2018年1月10日
森林組合だより第181号

・新年のご挨拶・全国森林組合代表者大会・林業政治連盟の活動・各種研修会の開催・森林保険制度創設80周年記念シンポジュウム開催

2017年12月21日
西原村の小学校への木育実践および西原村への憩いのスペース用の木製フローリング、テーブル、テレビ台を寄贈させいていただきました。ご協力いただいた関係者の皆様ありがとうございました。
2017年8月25日
クライミングロープや各種カラビナ、特殊伐採や登山、高所作業用の道具を販売開始します!!注文の際は本会までお問い合わせください。



このページの先頭へ

バナースペース

熊本県森林組合連合会

〒861-8019
熊本県熊本市東区下南部2丁目1-55

TEL 096-285-8688
FAX 096-285-8651

hozen.htmlへのリンク

hozen1.htmlへのリンク